スタッフブログ

オスの義理でしょうか・・・

投稿日2018年4月13日(金)
アクセス数(712回)

9時頃から10時頃まで 
園内には
B群 約100頭
C群 約300頭が出現

エサの時間に
端の方で小麦を拾っているC群に
「ハトムギ(後ろ姿左)」と「ゾロメ(後ろ姿右)」が接近。
C群を追い払って小麦を食べようとしたようです。
 

若いオスの1頭が「ゾロメ」に攻撃をしかけようとしたところ
「ハトムギ」がC群の若オスから「ゾロメ」をかばいました!

 

…ハトムギ!ナイスカバー(゜o゜)!…
年老いたサルが怪我をすると致命傷にもなりかねません。

B群の先頭に出てC群を追い払おうとしていた「ハトムギ」「ゾロメ」に助っ人登場!

C群に押されかけた2頭の前に走り込んだのは
B群№10「ゴロ―」
若くて力強いオスです!


…あ-ぁ。またC群は追われて山に戻ってしまうのか。…
このままの勢いで「ゴロー」がC群へ突っ込んでいけば
C群は引いてしまうに決まっています。
 

ところが!
「ゴロー」の動きを封じるサル出現!

影なので分かりづらいと思いますが
C群№1「ブラック(左)」と
柱の下から低く構えたC群№2「マルオ(右)」(゜o゜)

すごい!
C群最強の砦です! 

 

これではB群№10「ゴロー」もさすがに引きました。

その後のエサの時間も小さな衝突がありました。
「ハトムギ」と「ゾロメ」が2頭だけでC群に接近して小麦を拾おうとするとC群№2「マルオ」はそれに攻撃しようとしましたが
今回「ブラック」出てきません。
「ブラック」は少し距離を置いてそれを見ていました。



 

「ブラック」は出てこれなかったのです!
C群№1「ブラック」がダメなオスだからC群が弱くなったのではないかと言われます。
それは違うのだとはっきりしました!
「ハトムギ」「ゾロメ」がC群の№2№3でいた頃
「ブラック」はC群の№7でした。
よく知った顔の元上司に「ブラック」は向かって行かないのです。

…なんと…オスのたて社会ってすごいな…
これも「ブラック」の性格でしょう。
「ブラック」は以前から上位を立てる性格でした。

B群の「ハトムギ(左)」
B群の№10「ゴロ―(右)」
今日は戦友とでもいうのでしょうか
並んでC群の様子を見ていました。

一覧へ戻る
このページの先頭へ